LIF リフ

25 件中 25 件表示 - リセット 件のアイテムを表示中
  • 設立年 : 2015
  • 創業/拠点 : 日本
  • デザイナー : 青木 貴洋

VOO発の新ブランドLIF/リフ「日々の生活風景の中に”点”で主張する小さなファンタジー」

生活の中心ではなく・・・しかし、その脇に存在する事で見る人や使用する人の心持ちが、ほんの少し豊かになる様なアイテムを”ゴブランファブリック”を通して具現。 日常にある様々な小物やボディをベースとしながらも、本来資材として適用されるゴブラン織り生地を使用する事により、身近なありふれた小物が新たな表情となって生活風景に微細な変化をもたらすラインナップ提案を2015年春よりスタート。ゴブラン織りの歴史は古く、古代アジアやエジプトに起源を持つ綴れ織「タペストリー」まで遡ります。 13世紀〜14世紀のヨーロッパでは、聖堂や城などの装飾品として発達してきました。 平織りで表現する様々な絵柄や模様はベルギーなどに点在するアトリエを中心に行われ、やがてルネッサンス・バロックの時代を経てヨーロッパの工業芸術の最も創造的な分野を形成してきました。「ゴブラン織り」の語源に関しては15世紀にフランスのボグラン家の工房に由来しており、その後17世紀にフランス・ルイ14世がこの工房を国営化・保護育成し、やがて綴れ織自体が「ゴブラン織」と呼ばれる様になりました。日本に於いても主にカーテンやソファー、イス等に多く用いられてきた「ゴブラン織り生地」ですが、現在の国内のトレンドの価値観の中、以前に比べて需要が低くなっている現状と連動し、必然的に「ゴブラン織り生地」の生産背景が減少している傾向にあります。 だからこそ敢えて、この気品と伝統ある生地を「主役」としながら、デイリーに活用出来るアイテムと融合する事で、時代やジャンルに問わない「懐・新」なモノツクリをテーマに展開しています。