RoToToは上質で快適な履き心地にこだわった 
「一生愛せる消耗品」
をコンセプトとしたメイドインジャパンの高品質ソックスブランド。

生産背景

RoToToのソックスは国内一の生産量を誇る靴下産地 奈良県・広陵町を中心とした工場で生産しており、職人の方々と共に取り組み、話し合う事で生まれる現場(工場)での「ものづくり」を大切にしています。あまり知られてはいませんが靴下編み機には実は沢山種類があり、編み機によって編めるソックスは様々です。

世界でも台数の限られた珍しい特殊編み機や、昔ながらのコンピューター化されていない旧式編み機、また最新鋭の編み機などを使い分け、無数にある糸の中からイメージする履き心地に適した糸を選定、工場で直接職人の方と話し合いながら何度も細やかな調整を経てひとつのソックスを作り上げていきます。編み機・糸・人が一つとなってはじめてRoToToのソックスは出来上がります。


糸と糸の組み合わせ

ソックスの原料である糸は季節や用途に合わせ、夏であればリネン、冬であればウールなどシーンに応じ様々な糸を使い分けるのはもちろんのこと「コットンとリネン」や「ウールとナイロン」など異素材を一緒に編み立て組み合わせることで新しい機能性と履き心地を作り上げていくのがRoToToのソックスです。


生産地

奈良の北西に位置する生産量全国一を誇る靴下産地。 田畑が多くとてものどか。 4〜5世紀頃に造られた大型古墳が多い事でも有名。 かぐや姫でおなじみの竹取物語の舞台になった町、とも言われている。

広陵町で靴下作りがはじまったのは今から100年以上前の明治43年。

旧馬見村(現在の広陵町)のある一人の男性がアメリカ視察から靴下編み機を持ち帰ったことがきっかけでした。
この地域は江戸時代初めより農家の副業としておこなわれていた大和木綿、大和絣(やまとかすり)という織物の生産が盛んでしたが時代とともに衰退、その代わりとなる産業として靴下製造が広がっていきました。そのせいか、靴下は編み物なのに広陵町では「織る」といいます。

「広陵町の靴下百年史」参考


パッケージ

ソックスについている丸い輪っかはソックスの生産工程であるつま先縫いの際に必ず出る縫製くずです。この輪っか、靴下の産地、広陵町では大量に出るもので希望のある全国の老人福祉施設などに送られ、リハビリや文化活動として輪っかを利用した指編みの作品作りの材料として使われます。 

皆さん器用にこの輪っかを編みつなげ足ふきマットや小物入れを作ったりします。奈良県では駅のベンチなどにこの輪っかで作った座ぶとんが敷かれていたりします。それでも余るものは産業廃棄物として廃棄されます。捨てればゴミだけど工夫すれば何かに使えるもの。RoToToでもこの小さな編み物を何かに活用できないか考え、吊るすことのできるパッケージとしてリユースしています。ソックスを購入して下さった後も皆様のアイデアで何かに活用していただければ嬉しい限りです。

RoToToではこの輪っかをパッケージとして使えるよう若干の調整を加え、ハンギングのできるパッケージとしてリユースしています。商品を購入いただいた後も皆さんのアイデアで何かに活用していただければ嬉しい限りです。